布団乾燥機はベランダに干すよりも効果がある?

毎日睡眠のときに使用している布団ですが、もし干したり乾燥機にかけたりしていないとダニの温床になっているかもしれません。皆さんは気づいていないでしょうが、一晩に人間がかく汗の量はコップ1杯くらいになるとされています。

 

湿度が高く、体温で温められているのでダニとしてみれば格好の繁殖できる場所になりかねません。そこで天日干しなり布団乾燥機にかけるなりする必要があるわけです。

 

布団乾燥機のおすすめポイントは、場所や時間関係なく布団を乾燥できるところです。天日干しの場合、雨が降ると外に干せなくなります。また花粉症にかかっている人は春先、なかなか外に布団は干せないでしょう。

 

布団に花粉が付着してしまうからです。また中国から飛来することもある有毒物質のPM2.5も心配でしょう。布団乾燥機の場合、花粉やPM2.5の心配も必要ないのが魅力的です。

 

ダニは50度以上の環境になると死滅するといわれています。天日干しの場合、天気の良く晴れた日であれば長時間干せば表面はこの条件を満たすかもしれません。しかし布団の中はそこまで温度は上がらないことが多いのです。

 

このため、ダニは布団の内部に逃げてしまって、結局除去できないということもありうるのです。しかし布団乾燥機を利用すれば、熱風をまんべんなく布団に浴びせることができます。ですからダニをしっかり死滅させるだけの効果が期待できるのです。電気代や本体の価格が気になるところですが、きれいな布団で毎日眠りたいのであれば、布団乾燥機の購入も検討しましょう。

 

トップページにもどる